製品案内装置のオプション機能

自動制御

製造ラインの自動化のため、成形機とコンベヤ&ドライヤー他、周辺機器をつなぐ連携動作をソフト制御で行います。
お客様のご要望により幅広く対応できますのでご相談ください。以下のネットワークに対応可能です。

 

RS232C、RS442、RS-485等

設備データ管理システム

弊社では、真空混練押出成形機および付帯装置の状態把握や各種データのリアルタイムモニターや記録(データロガー機能)等を離れた場所からパソコンで管理できるシステムを提供しております。

 

このシステムは、各装置に設置したPLCを経由したデーターロガーからロギングデータをLANケーブルにつないだ任意のパソコンに取り込んでExcelに保存し、表やグラフに変換します。また、距離のある場所でロギングデータを閲覧する場合は無線ルーターを設置すればワイヤレスでも使用可能です。ロギングデータの保存先を社内共有サーバー等に設定すれば他のパソコンでもデータを閲覧できます。

 

市販品のデーターロガーと比べた場合のメリットは以下の通りです。
・装置設置場所まで行かなくても遠隔でモニターできる
・ロギングデータの採取時装置設置場所に行きSDカードを抜きパソコンへコピーする手間が省ける
・閲覧したい項目、例えば、モーターの周波数・電流値・圧力値・温度等をカスタマイズして表示できる
・記録されたログからパソコンで異常を検出できる
・生産数量や実績等も表示できるので量産に適している
・管理したいデータの選択やロギングタイミングも自由に設定できる

 

なお、このシステムを導入する際は、三菱製PLC使用が必須となります。詳しくは弊社技術担当者までお問い合わせください。