沿革会社情報

ユニバースの歩み

創業者 光富 春雄 は1934年に佐賀県に生まれ育ち、20歳代に神奈川県へ移住。

小さな町工場を借りて合資会社 光 を立ち上げ3人で成形機の製造を開始。高度経済成長期が続く中、事業は順調に軌道に乗り、徐々に工場を拡張。町工場のイメージを払拭すべく、世界に羽ばたこう という意味合いを含め、社名を ユニバース に改名。創業から50年余り、押出成形一筋に設計・製造技術を磨いてきました。

 

これからのユニバース

2018年8月に事業承継を実施。

これからも創業者の技術を守り、さらに進化し、次なる未来へつながるよう取り組んでいきます。

沿革

1966年(昭和41年)2月
      • 神奈川県川崎市小杉に(資)光を創業

電子部品の需要に着目し、押出成形機の製造を開始する

1969年(昭和44年)6月25日
    神奈川県川崎市小杉に(資)光の商号で設立
1974年(昭和49年)9月
    神奈川県横浜市新羽に(資)光が移転
1978年(昭和53年)6月
    事業の拡大に伴い、佐賀県嬉野市塩田に九州工場を建設し、神奈川県横浜市新羽から製造部門を一部移転
1981年(昭和56年)9月18日
    神奈川県横浜市新羽にユニバース電子(株)の商号で設立
1982年(昭和57年)6月
      • 神奈川県横浜市新羽製造部門を佐賀県嬉野市塩田へ全面移転

本社は神奈川県横浜市新羽、九州工場は佐賀県嬉野市塩田でそれぞれ稼働

1985年(昭和60年)7月
    他社とカラミスクリューの共同特許を取得(名称:土練機、特許第1717109号)
1987年(昭和62年)9月1日
    (資)光とユニバース電子(株)が合併し、ユニバース(株)の商号で設立
2001年(平成13年)7月
    九州工場隣接地に第二工場を増設し、受託成形部門を開設
2012年(平成24年)4月
    食品向け真空混錬押出成形機を製造し、食品産業へ進出
2013年(平成25年)7月
    ISO9001・ISO14001初回認証取得
2013年(平成25年)11月16日
    神奈川県川崎市中原に本社が移転
2014年(平成26年)7月
    特許登録(名称:セラミック成形体の連続成形装置、特許第5578696号)
2017年(平成29年)3月
    平成28年度補正 革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金に採択
2018年(平成30年)6月
    平成30年度佐賀県ものづくり企業活性化支援事業費補助金に採択
2018年(平成30年)6月
    平成29年度補正ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金に採択
2018年(平成30年)8月27日
    事業承継を実施
2018年(平成30年)8月
    平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入補助金に採択
2018年(平成30年)10月
    モノづくりフェア2018(マリンメッセ福岡)に出展
2019年(令和元年)7月
    平成30年補正事業承継補助金後継者承継支援型に採択
2019年(令和元年)10月
    モノづくりフェア2019(マリンメッセ福岡)に出展
2020年(令和2年)5月1日
    ISO9001・ISO14001自主適合宣言
2020年(令和2年)10月
    ものづくり補助事業展示商談会 「中小企業新ものづくり・新サービス展」 にてWeb出展